Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Latakha Lakhang

P8224834.jpg

P8224837.jpg

P8224839.jpg

P8224818.jpg
スポンサーサイト

徳を積む。

ブータンはチベット仏教を国教とした国です

そのチベット仏教の中で徳を積むとは良い行いをすることをさします。
徳が高いと、死後によい世界「天界、阿修羅、人間」に
徳が低いと、死後に悪い世界「地獄、餓鬼、畜生」に
生まれ変わると信じられています

徳が低いというのは、欲が深い、あるいは自己中心的で、他人のことを考えられない心の狭い人間と捉えられます。

そいうった考えが浸透しているために、
ブータン人は、自分の徳を高め、よい世界に生まれ変わるために良い行いをします。


例えば。
相手が待ち合わせに遅れて来たとき。
遅れたことを咎めるのは徳が低い人間のすることです。
そして遅れてきた人も、謝ることをしません。
そもそもゾンカにごめんなさいに当たる言葉がなく、
失敗することは当たり前、それを咎めるのは徳の低い人間
と思われるので、黙って受け入れるしかありません。

ここでは「許す」ことが徳を積むことです。
実際に、ブータン人は、時間に遅れた人を咎めません。

これは、日本人にはつらい
遅刻したら怒る日本人みんな地獄行きか・・・?

あらためて。


1年半過ごしたブータン。

日本から直線距離で4700km。面積は九州と同じくらいで人口は70万人。
ヒマラヤの山に囲まれた海の無い国です。
当然道路はすべて山道でまっすぐな道は一つもありません。
隣の街に行くにも必ず3000m以上の峠を超えていくよりありません。
当然ながら新幹線とか電車とかもなく。
国内線の飛行機もたまに飛んでいますが、一般人には高すぎて乗れません。

東ブータンには、まだまだ車道がなく、徒歩でいくしかない村がいまだに残っています。
そのため、外国からの影響を受けにくく、
独自の文化が未だに残っているところです。


首都ティンプーの標高は2400m程度。
私の住んでいるパロで2200m。
普段から高地トレーニングをしているようなもので。

沖縄と同じくらいの緯度に有りながらもその標高のため
一年を通して気温は低く、特に冬の寒さはとても厳しいです。
そして、9月から5月までは全く雨が降らない乾期で、
空気がとても乾燥しています。


そこで私が何をしていたかというと
JICAから派遣される青年海外協力隊として
パロという街の県庁の土木建築課に配属されています。
ブータンでは2011年に大きな地震があり、
パロも大きな被害を受けています。

私の配属された場所は、重要なお寺がたくさんある地域。
しかし、建築を専門とする人が誰もいないので、
地震被害の調査も改修計画も何もなされないまま放置されています。

私の仕事の多くは、地震被害を受けた建物の実測調査をして現況図を起こすこと。
そして予算がついたら同僚と相談しながら改修計画を創ることです。

あと半年。
がつがつ仕事したい。

あけまして。

おめでとうございます。

ブータンは、正月もクリスマスも関係なく、
そんなムードも全くありませんでした。
ブータン生活も残すところ半年あまり。
ブータンの皆様、日本の皆様。今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。