Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trek 中盤戦。

18.Oct
この日は高地順応のためジャンゴタンにSTAY。
午前中は、湖へ。
4000m以上のため高い木はなく草原です。
唯一見かける花は、パンゲメトという青い花。
ブータン人はこれを風邪に効くといって食べるみたい。
かじると。。。苦い。
遠くにブルーシープという羊の群れがいます。
午後、
ドンゴタンでやっているというヤクフェスティバルへ。
たまたま来ていた総理大臣に出会います。
ぼくらがJICAと知れると、お茶とお菓子のおもてなしを受けます。

夕食に、ガイドに餅を食べさせたら、
噛めないといって困っています。
血中酸素は83程度。

19.Oct
8:15
出発。
パロ引き返しチーム5人と
ティンプー抜けチーム4人に別れます。
別れ際には、八木さんのお母さんが悲しんでくれています。

道中、あとから来た首相御一行に抜かされます。
首相であっても馬に乗らず集団の先頭を歩いてます。
身分の高い人でもブータン人は歩くのが早い。

ニェレラ4870mを超えるときは、さすがにかなり寒い。
ちょこっと頭痛を感じます。
そして、メンバーの一人がかなりつらそう。
3分歩いては立ち止まり呼吸を整えています。
18:00
リンシキャンプ到着。
日没ギリギリ。
この日。
ジャンゴタン4044m→ニェレラ4870m→リンシ4010m。

4人のうち2人の体調がいまいちで、ペースが上がらずでした。
そのためあすからの日程に調整の必要がありそう。
以下の可能性を検証しました。
PLAN1 
当初計画のまま。20日、21日ともある程度の距離がある。
PLAN2 
20日は午前中休み、午後数時間だけ歩く。
全体日数を10日間から11日間に一日伸ばす。
PLAN3 
20日は午前中休み、午後数時間だけ歩く。
コースを変えてチェリゴンパをゴール地点とし
全行程は10日間のまま。

結果、今の健康状態からPLAN1は難しいと判断。
明日の体調を見てPLAN2または3から選択することに。
ちなみにこの日、
ガイドのDepuuはパロ引き返しチームの方に途中まで同行し、
その後、道なき山道を超えてティンプー抜けチームに合流という軽業を。
「山で道に迷うのは怖くないが、街で道に迷うのは怖い」
というまたかっこいい言葉を吐いていました。
山の民族ブータン人。

20.Oct
リンシキャンプにとどまる。
午前中のんびりしたら、みんなの体調が少し良くなったみたい。
午後3時間だけ移動します。
この日
リンシ4010m→ティフー4300m。

携帯電話がつながらない山の中では
衛星電話が下界との唯一の交通手段だが
その衛星電話の電池が少ないのに気づいてしまいます。
電源落としていたはずなのに、カバンの中で勝手に着いたみたい。
ちょっとやばい。

血中酸素は80程度。問題なし。

スポンサーサイト

trek 前半戦。

15.Oct 
本日から10日間のトレッキング開始です。
参加者は日本人9人。
ブータン人のガイド数名。
コックさん。
馬方と、20頭の馬。

荷物はすべて馬が運んでくれるので
自分たちで運ぶのは、道中で飲む水分、防寒着、お菓子程度。
食事は、すべてトレッキング会社が作ってくれます。

8:30
パロのタクシースタンドにて合流
10:20
出発。
前回は、
車でインドアーミーキャンプまで行ったらしいのですが
今回はドゥゲ・ゾンから歩くことに。
トレッキングに関する制度が変わって前回と同じようには行かないみたい。
17:00
到着

この日、
パロ2500m→シャナ2890m 歩行時間5H
初日はそれほど標高も高くない。
テントでの寝心地はいまいちだが、寒さもそれほどではないです。
血中酸素は88程度。問題なし。
星が美しい。


16.Oct
7:45
出発。
前半の再長距離。
森の中の景色は、日本のそれとそっくり。
道中、ガイドであるDepuuが
道端に落ちているゴミを拾います。
ゴミを道端にポイポイ捨てているブータン人はよく見かけますが、
彼のようにゴミを拾っているブータン人は初めて。
ゴミは、海外からの観光客が持ち込んだお菓子の袋などで
日本人観光客も例外ではないので、心が痛みます。
Depuuは「俺の彼女はマウンテンだ」と、
とても恥ずかしいセリフをサラッと言ってのける素敵な男でした。
17:00
到着。
この日、
シャナ2890m→タンタンカ3565m 
歩行時間8H。歩行距離22km。
富士山と同じくらいの高さになりました。
それにしても食事は、
普段パロで食べている食事と比べてもおいしい。

血中酸素は88程度。問題なし。
今夜も星が美しい。カメラの撮り方勉強したい。

17.Oct
5:00
キャンプサイトから見えたチョモラリ。
初めて見るチョモラリは美しい。
ブータン人にとってこの山は、日本人にとっての富士山みたいな存在なのです。
8:00
出発。
人生で初めて4000mを超えました。
つまり富士山超え。
草原の中を進む時間が長かったのですが、
昨日とは違い日本には無い景色です。
やはり標高が高く植物が育たないためでしょう。
途中、しばしばヤクに遭遇。
近くで見ると、角も鋭くて、近づくと危険。かなりの迫力です。
15:30
到着

この日、
タンタンカ3565m→ジャンゴタン4044m。
キャンプサイトからチョモラリが見えるそうなのですが
雲がかかって見えません。明日かな。
血中酸素は84程度。問題なし。

8?

セブンイレブンじゃなくて
エイトイレブンがあります。

けっこうな繁盛ぶり。2号店もあります

はやくも。

10月になり寒くなってきました。
特に職場パロゾンの席は、
窓際なので、隙間風がとても冷たい・・・
それに、建具の建付けが悪いので、
隙間風とはいえない勢いの風なのです。
窓閉めているのに、カーテンがヒラヒラ舞っています

60km

走りました。パロからティンプー
9月中に走ると同期隊員に宣言してたのでなんとか守りました。
7:30に出発
11:00中間地点チュゾム着
11:30チュゾム発
16:30ティンプー着
合計約60km9時間のランでした。人生最長記録。
2日が経過した今日もまだまだ筋肉痛ですが、でも余裕です
私はもう2度と走りませんが、同期のみなさんは走ってみてはどうでしょう?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。